Home 未分類 • 局を観て、ふたたび思った現象

局を観て、ふたたび思った現象

この間、昭和の名曲を取り上げた歌放送を観ました。

一際意図もなく、何だか擦り込みたTVを漠然と眺めていたら、「山口百恵特集」が始まり、自分はアッという間に下部に。
「百恵ちゃん」は自分にとっては特別なカタチ。いわずといった知れた昭和の花形は、本当に同年代。森昌子・桜田淳子と並んで「花の○○トリオ」というおんなじ年代を生きてきたのです。彼氏たちと共にクラスを重ねてきた賜物としては、本来コツの届かないタレントでありながら、勝手に身近なカタチとして配慮させて得る不思議なカタチでした。特に自分が心惹かれたのは、山口百恵。出版当初は、初々しいながらも演歌タレントとして抜群の公演力を誇る森昌子、ギンギンしたタレント空気満載の桜田淳子に比べると、そこそこ打撃に欠ける上がり場所だったように思います。それがすぐれたMusicに巡り合ってからはグングンあか抜けてきて・・・。
近頃、歌放送で他のタレントが百恵ちゃんの曲をカバーしているのを聴いてがっくりできるのは私だけでしょうか?
至極上手な歌い手の公演も、満足させられることは一層有りません。当時はサラッと歌っているように見えたので気付きませんでしたが、本当は彼氏は素晴らしい公演力量の持主だったのだと痛感させられました。曲も公演やるコーディネートも、すべてが美しくて、「山口百恵」なのです。
百恵ちゃんが素晴らしいのは、その思考自身もだ。
最高峰スーパースターというステージを惜しみなく投げ棄て、自分が信じ、かわいがりた人物との行程を選んだことです。当然、オーディション放送から成就上がって得たタレントという取り引き、またそれを応援してくれる方々をおもう気持ちは強かったことでしょう。但し、ほんの僅かな人だけが手に入れられるスーパースターのステージなど、自分がさらに大切にしたい商品の事前では、どうということのない状況だったのかも知れません。三浦友和というメンズという生涯を互いにやる行程を選び、引退、成婚って、誠にブレずに決めた行程をあゆむ。百恵ちゃんが引退・結婚したのは21年。
当時学徒で一生も決められず、少々浮ついたボルテージだった自分には衝撃的なことでした。同い年の彼氏が芸能界で唯一無二のカタチとして、そのグレードをさっぱり捨てて、愛する人物との初々しいくらしを選ぶ・・・。そうして花形を受け止めた友和さんも、全然立派だと思いました。
成婚次、そうしてお母様になってからも随時情報になるカタチであり積み重ねる百恵ちゃん。自分にとっては「百恵さん」ではなく、いつまでも「百恵ちゃん」であり、憧れであると同時に「身近な同級生」なのです。iPhoneにMNPするときに必要な技

Author:ryochan9